2018年の「ディズニー・ハロウィーン」も毎日仮装が可能!マナーを守って楽しみましょう!

 

2018年9月11日から始まる「ディズニー・ハロウィーン」ですが、今年も毎日仮装をしてインパークできることになりました。

仮装ができるのは、2018年9月10日からで、イベントが始まる1日前から可能です。

2017年東京ディズニーシー「ディズニーハロウィーン」から

 

 

毎日仮装できるけど、必ず仮装しないといけない?

「毎日仮装できるということは、普段着で行くと浮いてしまうの?」と思い方もいるかと思います。

2017年は毎日仮装できる事になった最初の年でした。

私も2017年10月7、8日に東京ディズニーランド、東京ディズニーシーにインパークしましたが、仮装している人としていない人は半々ぐらいだった気がします。

仮装可能な日が限定されてたときよりも、期間中、毎日仮装できる方が分散するので、仮装を楽しみたい人、普段通り楽しみたい人と分かれていたと感じました。

普段通り楽しんでいる人も、仮装を楽しんでいる人を見て、楽しむことができます\(^o^)/

きっと一声をかけると、一緒に写真を撮ってくれる方もいると思います!(ディズニーファンはいい人ばかり!のはず・・・)

隠し撮りはマナー違反だと思うので、やめたほうがいいと思います。

 

仮装についてのルール

仮装するときには、ルールがありますので、十分確認してから行いましょう!

仮装できる期間は、2018年9月10日~10月31日までの2か月間です。

1.仮装できるキャラクター

・ディズニー映画・番組(実写を含む)、ゲームに登場するディズニーキャラクターです。

・東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに登場するディズニーキャラクター(アトラクションに登場するキャラクターを含む)

・東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでのパレードやショーなどのエンターテイメントプログラムに出演するダンサーや出演者(過去実施分も含む)

仮装できるキャラクターの確認はこちらから

 

マーベル社のキャラクターの仮装はできません。(アイアンマン、スパイダーマン、キャプテン・アメリカ、ハルクなど)

 

仮装できるキャラクターでも、すそを引きずるほどの長いドレス(踏まれて転んだりするので危険)や、かたひもがないものやおへそを出すような露出が多いもの(品を大事にしましょう)はNGです。

また、キャラクターのイメージを壊すような衣装、全身タイツや下着のようなものはNGです。

 

 

2.東京ディズニーリゾートのキャスト(コスチューム)の仮装はNG!

東京ディズニーリゾートのキャストのコスチュームは、本物のキャストと間違えやすいので、仮装ははNGです。

だたし、小学生以下のお子様はOKです。

小学生以下だとキャストであると間違えないですよね!

 

3.お面、ゴムマスク、仮装メイク、特殊なシールなど、顔がわからなくなる仮装はNG!

仮装メイクはNGです。

例えば、お面やゴムマスクなどで顔を覆ってしまうもの、肌の色と違う色で顔を塗ってしまうもの(今年公開した「リメンバー・ミー」の主人公のような感じ)、血のりや切り傷をイメージさせるペイント、シールなどはNGです。

 

4.武器のようなアイテムを持ち歩くことはNG!

剣や銃、弓や杖(棒なども)を装着するような仮装もNGです。

アイテムは、手荷物(幅60cm×高さ50cm×奥行25cmのバッグ等)の中に入るものは、パークの中に持ち込むことはできるようですが、お勧めできません。

アイテムを持つような仮装はやめたほうが良さそうですね!

 

着替えはどこで行えばいいの?

着替えができるのは、東京ディズニーランド「プロムナードギフト横」、東京ディズニーシー「ピクニックエリア付近」です。

着替える場所は、ガイドマップに乗っていませんので、事前に調べていくことをお勧めします。

確認はこちらから

分からない場合は、近くのキャストにご確認ください。

着替えスペースは数に限りがあり、長時間待つ可能性があります。

可能な限り、自宅や宿泊先のホテルで着替えやメイクをして行く方が良いかと思います。

 

仮装を楽しみたい方は、コインロッカー内で着替えをしたり、公共施設で着替えをしたりせずに、マナーを守り、ゲストの皆さんが素敵な時間を過ごせるよう配慮をお願いします。

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。