2019年夏に東京ディズニーシー・ハンガーステージで新しいショーがスタート!

 

2019年夏に、東京ディズニーシー・ロストリバーデルタにある「ハンガーステージ」で新しいエンターテイメントプログラムを始めると、2018年7月17日(株)オリエンタルランドが発表しました。

 

 

新しいエンターテイメントプログラム

新しいエンターテイメントプログラムの名前は、「ソング・オブ・ミラージュ」

©Disney (株)オリエンタルランド|ニュースリリースより引用 ※画像はイメージです。

登場するキャラクターは、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、グーフィーを予定しているようです。

公演時間は、約30分程度です。

 

「ソング・オブ・ミラージュ」の内容

ミッキーマウスと仲間たちが、かつて多くの冒険家たちの間で話題となった幻の都市、黄金に輝く川の都「リオ・ドラード」を目指し、誰も見たことのない、時空を超えた大冒険を繰り広げます。

冒険の始まりは、ロストリバーデルタにある古びた飛行機の格納庫。パイロット姿のグーフィーがくつろいでいると、冒険家のミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダックがやってきます。

ドナルドダックが拾ってきた不思議な杖に導かれ、ミッキーマウスたち、そして同じく冒険家であるゲストの皆さまは、時空を超えた心躍る旅へと出発します。

幻の都「リオ・ドラード」にたどり着くためには、夢が叶うことを強く信じる力が必要です。

ミッキーマウスたちが不思議な杖に願いの力をこめると、植物の楽園、きらびやかな洞窟、緑深き遺跡など心躍る世界で、さまざまなリズムとともに素敵な出会いが訪れます。

そして、願いの力がついに最高潮に達すると、高らかなファンファーレとともに、目の前に「リオ・ドラード」の荘厳な大地が現れ、見るもの全てを圧倒する、熱狂的な祝祭に迎えられます。

(株)オリエンタルランド|ニュースリリースより引用

歌とダンス、そして、プロジェクションマッピングを加えてたライブパフォーマンスになるようです。

 

現在の「ハンガーステージ」の行なわれているショー

現在は、影の世界に迷い込んだ主人公の少女メイが成長していく姿を描く、ミュージカルショーアウト・オブ・シャドウランド」を行っています。

私は、2015年4月5日まで公演されていた「ミスティックリズム」の評判がよかったので、プロジェクションマッピングを取り入れたアウト・オブ・シャドウランド」も期待していたのですが、2017年10月に見たときは、ちょっと物足りなさを感じました。

同じ気持ちの方が多かったためか、2019年3月31日をもって、公演が終了します。

©Disney 

動画共有サイトYoutube 「東京ディズニーリゾート公式/TokyoDisneyResortOfficial」より引用

 

「ハンガーステージ」のショーは、「ミスティックリズム」、「アウト・オブ・シャドウランド」と、ディズニーキャラクターが出てこないショーが続いてきましたが、次の新しいショーからは、ディズニーキャラクターが登場します。

ディズニーキャラクターが出てこない、エンターテイメント性の高いショーが1つあっても良いと思いますが、これも時代の流れでしょうか・・・

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。