投資初心者にはおすすめできない!金融機関での投資相談!

 

投資をこれから始める方にとって、『投資を始めたいけど、どうしていいかわからない』という方もいるかと思います。

金融機関であれば、いろいろ相談に乗ってくれるし、間違いはないだろうと思いがちですが、金融機関の窓口で投資の相談することはあまりおすすめできません。

なぜなら、初心者であることがわかると、金融機関に有利な商品をすすめてきます。

金融機関の商品は、商品はコストが高いし、相手が売りたい商品を売りつけられることが多いようです。

可能であればネット証券を使い、自分で商品を選び、自分で納得して買う事をおすすめします。

自分で納得して買った商品であれば、万が一価格が下落しても、自分が選んだ商品だから仕方がないとあきらめがつきます。

 

金融機関さんの悪口を言うわけではありませんが、相手も何とか売り上げを上げようと別の商品を売り込んで来たり(口座の開設、カードローンなど)、面倒なことが多くなる可能性があります。

 

私がおすすめしたのは、ネット証券で「つみたてNISA」での投資です。

(「つみたてNISA」については、過去の記事「東京ディズニーリゾートに行くため始めた投資生活から知った制度「NISA」って何?投資で得た利益に税金がかからない!」を参考にしてください。)

 

「つみたてNISA」で購入できる商品は、金融庁の厳しい基準をクリアした投資信託、上場投資信託(ETF)が対象です。

他の投資と比べて、購入できる商品は限られていますが、金融庁の審査をクリアした商品のみ購入可能なので、変な商品をつかまされることはありません。

(投資信託については、過去の記事「投資の初心者なりに投資信託について・投資生活を始める準備について・購入する投資信託について説明します」を参考にしてください。)

 

そして、「つみたてNISA」をおすすめする理由に購入方法があります。

「つみたて」というぐらいですから、一度に大量に買うことはできません。

「一定額を」「定期的に」「継続的に」買っていくことになります。

少しずつ、長い目で自分の資産を増やす投資という感じです。

 

私の状況を少しお話すると、2018年2月から現在にかけて日経平均株価が大幅に下落し、購入した金額より価値がマイナスになっています。

しかし、マイナスになっている状況でもつみたては継続してます。

なぜなら、投資信託の基準価額が下落しているので、安く購入できるからです。

投資信託の基準価額が下落し、購入した金額より価値マイナスになってもあせらず「未来への種まき」と考えています。

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。