【ちょっとネタバレ】「モアナと伝説の海」のキャラクター紹介[モアナ編]

 

今日は、「モアナと伝説の海」の主人公モアナの紹介をしたいと思います。モアナを紹介するにあたり、映画の内容を一部記載することになります。内容を知りたくない方はごめんなさいm(__)m

©Disney

 

 

 

モアナは、海に選ばれた心やさしく、そして正義感がある16歳の少女。今までのディズニープリンセスのタイプとはちょっと違い、自らの力で未来を切り開こうとする意志の強いポリネシアのプリンセス。モアナはハワイの言葉で「太平洋」や「海」という意味のようで、この映画にぴったりの名前です。

 

まだ幼いころ、海亀の赤ちゃんが海までたどり着くのを海鳥から守ってあげると、遠い昔に盗まれた大地の女神テ・フィティの心の石が海から出てきます。ここから、海との強い絆が生まれます。

©Disney

そして成長し、父であるモトゥヌイの村長の後継ぎとして期待され、その期待に応えようと頑張ります。父からは海に出ていくことを禁じられていましたが、大海原に出てみたいと思い悩んでいたところ、モアナの良き相談役であった祖母から島の秘密と、父が海に出ることをなぜ禁じていたのかを聞くことになります。

そして、祖母からの「心の声に従うのだ」という言葉に背中を押され、島の危機を救うため、盗まれた大地の女神テ・フィティの心の石を返しに大海原に飛び出すことになります。

船の操作もままならないモアナは、すぐに海の洗礼を受け、小さな島へと流されてしまいます。しかしそこは、伝説の英雄、半神半人マウイがいる島だったのです。

 

モアナはマウイと一緒にテ・フィティの心の石を返す旅に出ることとなりますが、邪魔者扱いされてしまいます。しかし、持ち前の意志の強さで、少しずつマウイに認められるようになっていきます。

旅の終盤、ある事件でマウイは立ち去ってしまい、モアナは自信を無くし、なぜ自分が海に選ばれたのか疑問を持つようになり、テ・フィティの石を海に返してしまいます。そこにエイに姿を変えたモアナの祖母の魂があらわれ、モアナを救うことになります。

そしてテ・フィティに心の石を返すエンディングへと向かうわけですが、この辺は秘密にしておきますので映画館で見てみてください。(ネタバレしているサイトはありますが・・・)

最後雑になってすいません。人物紹介のはずが、ストーリー紹介になってしましました。m(__)m

モアナは、正義感が強く、自分の意志で未来を切り開こうとする強さを持っていますが、まだ16歳の少女。強く見えていても、家族の愛情や助けが必要な年齢です。

監督のジョン・マスカー&ロン・クレメンツは「この映画で伝えたいことは、傷つき悩み迷った時にも、自分の心の声に従って生きてほしいということです。」と言っていますが、もう一つメッセージが込められているように私は思います。

「強さは愛情から」そんなメッセージも込められている気がします。

次は、マウイを紹介したいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。