【ストーリーのネタバレなし】ディズニー映画「モアナと伝説の海(吹替版)」を見てきました。

 

2017年3月10日に公開された、ディズニー映画「モアナと伝説の海(吹替版)」を見てきました。

私の住んでるところは、田舎なのか(字幕版)はやっておりません(^_^;)

パンフレットも購入しました。中はお見せすることできませんが・・・

©Disney

映画を見た最初の感想は「水の描写が綺麗!!」水の動き、光の反射など、実写以上の映像です。ディズニーのこだわりがわかります。これだけでも見る価値はあると思います。

ストーリーは良くも悪くも、ディズニーの真っ直ぐなストーリーです。ちょっとハラハラする部分はありますが、ご心配なく。そして、ラストも何となく予想はつくと思いますが、それもまたディズニーです。こういうストーリー、私は好きです(^o^)

あと音楽ですよね。私のおすすめは、尾上松也さんの「俺のおかげさ(You’re welcome)」です。主題歌もいいですが、こちらの歌のほうが頭から離れません(笑) 尾上松也さんのイメージあまり良くなかったのですが、ちょっと好感度アップ、歌がうまいんですよ、これが!

映画のシーンで、ディズニーキャラクターが出てくるのですが、私が気付いたのは「アナ雪のスヴェン」「シュガーラッシュのラルフ」です。「ベイマックス」「リトルマーメイドのフランダー」も出ているようですが全然気づきませんでした。

隠れディズニーキャラクターばかり気にしていると、ストーリーが入ってこなくなるので、最初はあまり気にしなくていいと思います。「アナ雪のスヴェン」は気にしていなくても、わかりやすく出てきます。

あと、怖がりの小さなお子さんがいる方は要注意。前半は映像がきれいで楽しいのですが、後半に悪役?と戦うシーンで泣いていたお子さんがいました・・・・「もう見たくないーーーー」と泣いていましたが、会場から出ることはありませんでした。親の神経がわかりません。ちょっと愚痴になってしまいましたm(__)m

最後に、エンドロールで帰っていく方が多いですが、エンドロールが終わった後に1シーンありますので、最後まで見たほうがいいと思います。こんなキャラクターの名前が出てきます。

 

是非、大きなスクリーンで映像美を楽しんでみてください。おすすめです。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。