【ネタバレなし】実写版ディズニー映画「美女と野獣」を観てきた感想

本日は、実写版ディズニー映画「美女と野獣」(字幕版)を観てきました(^_^)/

すばらしい!!!個人的にはディズニーアニメを超えたと思っています。

原作を忠実に描きつつ、実写版に合わせたストーリーの追加や、ちょっとした設定の変更は観ていて違和感ありませんでした。

そして、なんといってもベル役のエマ・ワトソンさんです。

私の中でエマ・ワトソンさんは、ハリーポッターシリーズの「ハーマイオニー」ではなく、美女と野獣の「ベル」となりました。それぐらいピッタリです。そして「Beauty and the Beast」が流れるシーンはとても感動的で、映像に引き込まれました。

©Disney

そして、もう一つの注目がガストンです。あのキャラクターを実写版でどう描くのか注目していました。

©Disney

文句なし!あのキャラクターをここまで再現できるかと思うぐらい、ピッタリでした(^_^)/

ディズニーアニメ「美女と野獣」ではかわいいキャラクターたちだったルミエールやコグスワースが、ちょっとリアルな感じでしたが、それもまたよかったです。

ディズニーアニメより、40分程度長いストーリーでしたが、もう終わり?と感じるほどあっという間でした。

ディズニー好きの方にぜひ見てもらいたいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

アイキャッチ画像:©Disney